HOMEボツリヌス治療

ボツリヌス治療

歯ぎしり、食いしばりからくる肩こり、エラ張りを改善

電車をご利用の場合
 歯ぎしり・食いしばり・顎関節症 
こんな方はご相談ください
  • 顎関節症の緩和(顎が鳴る・口が大きく開かない・顎が痛む)

  • 就寝中の歯ぎしりの緩和

  • 歯ぎしりによる歯の磨減(擦り減り)抑制

  • 咬合圧による脱離、破損防止

  • 食いしばりの緩和

  • 食いしばりで起こる肩こり、頭痛などの改善

  • その他 ガミースマイル改善、口角挙げ上など

咬筋肥大とは・・・

咬筋とは食物を咀嚼する時に使われる筋肉で、かみしめ癖などのくいしばりなどが原因となり、この咬筋が必要以上に発達し肥大(膨張)している状態を咬筋肥大といいます。
咬筋が肥大することにより、顎の痛み、血行不良、ストレス、頭痛、肩こり、エラ張り、むくみなどの原因になる可能性があります。

症例写真
menu02_parts_case01.jpg

歯ぎしり、食いしばりが強かった為、咬筋にボツリヌス注射を注入。咬筋の緊張が取れ、症状が緩和。食いしばりによる肩こり、頭痛などもひどかったが、こちらも改善している。

 
​ お問合せ 

メッセージを送信しました

 Beauty Blog 
きれいは口元から

OKUDA DENTAL CLINIC

ビューティ アドバイザー

奥田 千鶴

  • JSDA(日本アンチエイジング歯科学会)認定 ビューティアドバイザー

  • JSDA(日本アンチエイジング歯科学会)認定 サプリメントアドバイザー

  • インナービューティー協会 ビューティースペシャリスト