検索
  • rkki.sy35

無痛治療~笑気麻酔について~ 東生駒トシオデンタル


こんにちは!!

東生駒トシオデンタル受付助手の田中です(^▽^)/


年が明けて早くも一か月が過ぎましたね( ゚Д゚)

二月といえばバレンタイン♡

誰にどんなものを送るか、あるいは誰に何を貰えるのか

ドキドキわくわくな季節ですね( *´艸`)

私も何を作ろうか模索中な今日この頃です(゜゜)

と言ってもあと二日なので焦り気味です(;・∀・)笑


さて、今日は無痛治療のお話をしたいと思います!


子供でも大人でも「歯医者さんは苦手で…(´;ω;`)」と仰られる方は少なくありません(´;ω;`)


気持ちは分かります!!!!


だって口の中でキュイーーンとドリルで削られたり、

麻酔をするにしてもその麻酔の注射がチクッとするのが嫌だったり…

できれば避けて通りたい道です(´;ω;`)


それでも虫歯はできてしまう……

あぁ、治療が痛くなければなぁ……

そんな夢のような話、あるわけない……


はい、その願い

東生駒トシオデンタルで叶えちゃいましょう!!!!



テレレレッテレー


\笑気麻酔~♪♪(CV ド●えもん)/



説明します!


まず笑気とは「亜酸化窒素(N2O)」の別名で、名前の由来は、このガスを吸った患者さんが、笑ったような、少し引きつった表情になることからそう呼ばれるようになったそうです(゜-゜)


歯科治療においてはその濃度は10~20%というきわめて低濃度で、患者さんの様子を見ながら、その範囲内で濃度調整して専用のマスクから吸入してしていきます。

吸入して数分もするとだんだん手足がだるくなってきたり、びりびりした感じがするようになります。体はぽかぽかと温かく感じられるようになり、周囲の物音が遠くに感じられるようになります。


だいたい5分ほどで鎮静状態になり、体が重たくなるか、逆にふんわりと浮かんでいるような感覚になり、痛みなどの感覚もかなり鈍ってきます。

患者さんの表情からは、明らかにリラックスしていることがわかるようになり、問いかけに対して、なんとなく反応が鈍くなってきたら、治療を開始します。

笑気ガスそのものには、痛みをなくしてしまうほどの効果はないので、必要に応じて局所麻酔を行います。

でも歯ぐきに注射をする際の、チクッとした感じはほとんど気にならなくなるうえ、その後で歯を削る際に振動が起きても、やはり気になりません!!!


これなら歯医者さんが怖い!痛いのは嫌だ!という方も安心ですね(^▽^)/


費用に関しても保険適用されるので安心です°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


気になった方はぜひお問い合わせ下さい!

0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは🍀 暖かくなり、日差しも強くなってまいりました‼️いよいよGWの到来ですね🌞 皆様、どのように過ごされますか❓ コロナ感染が心配ですが、しっかり対策をした上で、お出かけも楽しみたいですね🌈🌈 当院も、GWは休診日をいただきます。 休診日は以下のとおりです。 ☆4/29(金) 休診 ☆4/30(土) 診療 ☆5/1(日)〜5/5(木) 休診 ☆5/6(金)以降、通常診療

こんにちは🌸 ここ数日で、すっかり暖かくなり、桜が待ち遠しい季節になりましたね🌸🌸 夜はまだ冷え込み、体調を崩しやすい時期ではありますので、皆さん気をつけてくださいね☺️☺ 今回は、3月の休診日のお知らせです。当院は、3/20(日)〜3/23(水)の期間、連休をいただきます。 当院の休診日は、水曜日・日曜日・祝日です。3/22(火)は特別に休診させていただきますので、お間違えのないよう、よろ